インド占星術と私

インド占星術とは5000年以上前にインドの聖者が降ろした知識で、統計学による占いとは一線を画し、星の運行によって個人や組織の運気を読み解く学問といわれています。

私はリウマチによるハンディや障害があります。しかし見た目は隠しているので解りにくいかもしれません。何故今、リウマチを公表していこうと思ったのか。
それは、インド占星術との出逢いにより大きく人生が変わってきたからです。
色々と自分に起きる出来事が何故なのか?占いの勉強をする中で心の仕組みを知るためにカウンセリング心理学の技法も10年以上前に学びました。四柱推命も15年ほどしていましたが、どんな占いも元をたどれば宇宙の法則の一部なので、それなりに占いとしては当てはまる部分も重なります。
しかし、いつも最後まで納得いかなかったのは、同じ生年月日や同い年の人は、同じ星や統計学での鑑定結果になるので概要は同じですが、同じ人生にはなっていないから、おかしいなぁということでした。
そもそも統計学は過去のデータから分析したらこうなるでしょうというものなら、未来の占いも統計学なのです。私も他の占いの勉強をしてきたので、どの占いの否定も肯定もありません。共通点はたくさん有ります。では、何故?家庭環境が同じだとしても兄弟の中で経験する人生も、様々なものに対する思いの深さや捉え方が違うのはどうしてか。

人は心の感じ方や趣が、星の運行によってそれぞれ異なり変化が起きるといえるでしょう。
傷つきかたや苦しさ、喜びや幸福感の度合いも違うものです。相手には些細なことでも、本人にとっては死滅問題になるくらい傷が深いこともあります。
しかし、人の想いは言葉をいくら並べようが、数値でもはかりしれません。その事が、歯痒く心苦しい日々の積み重ねでした。
個人個人が経験する人生の大きな出来事は何故起きるのか?ずっと疑問だったのです。
その疑問が腑に落ちた占いが『インド占星術』です。
統計学ではないといいましたが、厳密にはインド占星術は過去性でのカルマのリアクションが、いつ、どのタイミングで今生発現するかを読み解きます。カルマとはご存じの方もあると思いますが、行為の結果のことです。カルマとはマイナスのイメージを持たれる方が多いですが、インド占星術では良いカルマも悪いカルマも両方あると言われています。自分の人生経験の全てにカルマが影響していると考えられています。
話ではよく聞いていても、実際に宇宙の仕組みを知り、論理的に腑に落ちたことでインド占星術の神秘を体感しました。

誰でも病気やマイナスな要素は経験しないほうが良いと思うかもしれません。
しかし、インド占星術では、全て生まれたときに自分自身で幸福になる一番進化する早道の方法を設定してきていると言われています。他の占いには反映されない、「わたし」の人生経験が反映され、且つ肯定された唯一の占いのツールでした。
何故この人生をわざわざ選んできたのか。病や障害と肉体的な苦痛という経験が何故必要だったのか、どうしたらこの経験を未来の人生に役立てられるのか。私が今、自信をもってインド占星術をお奨めし、お伝えできる強い信念を持てたのは、深い暗闇と心身の傷みを伴う苦悩の経験も含み、自分自身が設定してきた人生なのだと言うことが納得できたからです。マイナスの経験を肯定的に捉えられるようになったからでしょうか、ようやく知人以外にもリウマチを公表できる心持ちになりました。肉体的な障害は有りますが、自分の中ではリウマチという病の事はもう忘れかけている気がします。
インド占星術は未来を照らす灯りです。ジョーティシュの知識で大難を小難に、小難を無難に、無難は無かったことに、本気で人生と向き合える覚悟がある方に、人生の航海地図をお渡し出来れば幸いです。